前へ
次へ

今後の賃貸管理のあり方

賃貸管理というからには、マンション・アパート管理という内容でしょう。
コスト・担当者の対応など、管理とはいったい何を基準に判断すればいいのか、あやふやでは済まされないのが『会計』でしょう。
マンションからオフィスビル、寮や社宅などまで、幅広い賃貸管理をサポートする管理会社も多数あります。
会計とは、マンション区分所有者が支払う管理費、修繕積立金のことを指します。
通常は、管理組合の通帳を営業支店ごとに管理していますが、不祥事も発覚している昨今、会計部の独立が必要だともいわれています。
メリットとしては、集中管理することによって、業務の効率化がはかれ、管理コストの削減ができることです。
営業部門との牽制、会社経理との牽制など相互牽制機能が働くのはメリットです。
大規模マンションも続々誕生しているため、1ヶ月の管理費も多額になります。
資金を使い込ませない、その適切さを1つの部門の『質』で選ぶ時代でもあります。

Page Top